恋愛運アップ・パワースポット 青森県・十二本ヤス 開運!山の神様からパワーをゲット

こんにちは。

私が以前住んでいた青森の津軽地方は冬の風が本当に厳しいそれはそれは毎年大変な冬でした。

地吹雪と呼ばれるこの風、道路の雪は風で吹き飛ばされるため積もることはなく、近場では馬車に乗って地吹雪を体験する『地吹雪ツアー』なるものもあったくらい。

外を歩くなんてもってのほか。車でも前が見えないくらいの暴風雪なのです。

そんな私の住む町の隣に、金木町という大好きな町があります。

五所川原市街から北へ10kmほどで、津軽半島のほぼ中央部に位置し、金木駅前には太宰治の生家『斜陽館』と発祥である『津軽三味線会館』があります。

YtVoQXZl41Uv2oM1420784186_1420784195.jpg


演歌界の大御所・吉幾三さんもこの町の出身なんですよね。

さて、この金木町には『十二本ヤス』という木の神様がいます。

ここへ行くには津軽鉄道金木駅北側の踏切りを渡る県道を東に1.7km行き、喜良市岩見町集落のT字路を左折。

『十二本ヤスヘ』の標識に従い、町道を北東に0.8km進み(町道はここから林道に変わる)、3.5km行くと金木川が相野股沢と母沢に分かれる地点となりますので母沢沿いの林道を1km進んだところに十二本ヤスの案内板があり、林道から左へ細くゆるい坂道を20mほど登ったところにヒバの中年木、さらに右手にカーブしながら20m進むとようやくたどり着くことができます。

十二本ヤスとは樹齢800年以上のヒバの木

q9wex4xlEk5jfTD1420784051_1420784061.jpg


12本の支幹に分かれた姿が魚を突くヤスに似ていることから十二本ヤスと呼ばれるようになりました。

この地方では12月12日が山の神を祭る日となっていることから、山の神に関係があるということでご神木として崇められています。

不思議なことに13本目の支幹が出てくると他の1本が枯れ、必ず12本であるというところに神秘的なものを感じますね。

五所川原市指定天然記念物に指定され新日本名木百選に選ばれているこの木、正面に赤い鳥居と白木造りの祭壇もあり昔から山の神として崇められてきたことがうかがえます。

lVS8ozOn6wj6pR91420784128_1420784142.jpg


深い森の中に突如として現れるこの木、見る人を圧倒させるには十分です。

その瞬間、直感にパワーを送ってくるのが十二本ヤス。まるで魔法の木のような、一度見たら忘れられない印象を与えることと思います。

私自身木が大好きなのもあって、静かに木に語りかけたり木の傍で心をカラにしたりするのですが、木から受け取るメッセージはシンプルで懐深くに刺さってきます。

もしかしたら隠れていた本当の自分の気持ちがあらわになって自分になにか伝えてくれるのかなとも思います。

この直感を恋愛運アップに利用して、本物のソウルメイトを引き寄せる自分になれるようお願いしてみましょう。

xsvjv15NBVVmLtx1420784309_1420784320.jpg


出会いがない(出会いに気づいていない)、今の彼にどこか不安を感じるならぜひ訪れてみていただきたい場所です。

※2014.10月現在大雨による橋の寸断により通行止めとなっていて、残念ながら十二本ヤスへは行けない状態とのこと。HPなどで事前に確認してからお出かけすることをオススメします。

住所

〒037-0203 青森県五所川原市金木町喜良市

アクセス

金木駅よりタクシーであれば片道20分+待ち時間30分+戻り片道20分でタクシー料金往復5000円程度(タクシー会社と要相談)

スポンサーサイト

結婚情報比較ネット 資料請求

コメント一覧

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

touhokupowerspot

Author:touhokupowerspot
はじめまして!パワースポット大好き、一人旅大好きなフジコと申します♪
アラフォー、小学生の子供と暮らすシングルマザーです。
4年ほど前から本格的にパワースポットめがけた旅行をしていて、すでに行ったところ、これから行きたいところをノートがわりにブログに残していく予定♪
主に恋愛運アップを中心にパワースポットを紹介していきます。
私もいずれ素敵なパートナーができたらいいな。
そしてみなさんの旅行のお役にたてたら幸いです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

Gallery

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR